丸覚えしない動名詞、不定詞をとる動詞の覚え方

公開日:  最終更新日:2015/05/26

気づけばもう5月も半ば。なんて言うてると四国に台風が上陸しました。ちなみにハリケーン、サイクロン、台風とありますが、基本的に同じものです。起こる場所が違うだけです。

 

hurricane→ 大西洋、北東太平洋
typhoon→ 北西太平洋
cyclone→ 南太平洋、インド洋

 

では、今日は不定詞と動名詞の違いについてお話します。”ing”と”to do”ですね。この2つは同じと思っている人もいるかもですが・・かなり違うのでしっかりイメージを覚えておきましょう。

不定詞 “TO” の性質

不定詞のイメージは「前向き・未来志向」です。例えば・・

 

want to

wish to

decide to 「決める」

attempt to 「~しようとする」

hope to

intend to 「~するつもり」

 

などなどtoを取る動詞の多くは「未来志向」と覚えていればOK!!

動名詞 “ing” の性質

不定詞のイメージは「前向きで未来志向」に対して、ingには「ネガティブで過去志向」という性質があります。例えば・・

 

finish 「やめる」

regret 「後悔する」

give up 「諦める」

avoid 「避ける」

postpone 「延期する」

forgive 「(過去の事を)許す」

 

どうですか?to不定詞を取る動詞とはかなりイメージが違いますよね。

 

反復、中断、逃避のイメージ

動名詞の性質は「ネガティブで過去志向」と話しました。少し具体的なイメージにすると中断、逃避、反復のイメージになります。例をだすと・・

 

中断

stop 「止める」

quit 「辞める」

 

逃避

avoid 「避ける」

escape 「逃げる」

resist 「抵抗する」

 

納得しましたか?それでは反復のイメージですが・・ingというと進行形が思い浮かぶと思います。そうです。ずっと続いてる感じが反復ですよね。例えば・・

 

practice 「練習する」

continue 「続ける」

 

このようなタイプはそのままですよね。練習は何度も何度も繰り返して(反復)しますよね。では少し考えを応用してみて・・この例を見てみましょう!

 

consider 「熟考する」

mind 「気にする」

imagine 「想像する」

look forward to 「楽しみにする」

 

これらの単語と反復のイメージが結び付けますか???30秒考えてみて下さい。

 

 

 

 

どのように考えるかと言うと・・すべて頭の中でぐるぐる回ってるイメージです。熟考する、気にする、想像する・・すべて頭の中で何度も何度も・・。

 

look forward to ~ingは「楽しみにする」ですが、楽しみにしてたら何度も、頭に出てきますよね。明日はあそこ行って、あれ食べてみたいな☆何で女子みたいな考え方や(ーー)

 

ちょっと最近まじめな記事が多いんで今度はちゃんとふざけます。たぶん。それでは皆様ぁ!イメージしっかり覚えといてねぇ~☆ほなさいならぁ~!!応援クリックよろしくね~☆就寝。


*クリックするだけで投票完了です。

むっち先生のレッスン詳細はコチラから↓↓

レッスン詳細

コメントなり、質問なり何か残してくれると嬉しいです♪

PAGE TOP ↑